Natural health show という名のヒッピーのお祭り

d0040759_103131.jpg

 私の住むトットネスという街は、自然療法をふくむカウンターカルチャーが盛んなことでしられておりますが、毎夏ひらかれるQuestというこのおまつりも、近くのシュタイナースクールのPTAなどが中心になって開かれており、ヨガのワークショップや講演会の出演者にもスクールの保護者の顔がちらほらと見えます。
d0040759_184072.jpg

 このお祭り、今年のタイトルはナチュラルヘルスショーとなっていましたが、昨年まではマインド、ボディ、スピリットと称しておりました。その名の通り、ニューエイジ、アーティスト、ヒッピーファッションやグッズ、ミュージシャン、自然療法などのグループ(個人も)が出展して自分たちの活動のプロモーションをしたり商品の販売など行う大規模なお祭りです。大きなテントのメインステージには毎晩多数のバンドが次々に生演奏し、人々が踊り狂います。
4日間、会場にキャンプで泊まりこんでの参加もOK。
私は昨年スウェットロッジに参加しましたが、終了したのは真夜中でした。
日本では、シュタイナー教育も各種セラピーも非常に真面目なタイプの方が真面目にかかわっているという印象をうけますが、このあたりデヴォン、コーンウォール州では、魔女っぽい雰囲気を醸し出しているオールドヒッピーな方々による地味な?手作りの匂いに満ちています。
私は、いつもこの「魔女っぽい」を説明するのに四苦八苦してしまうのですが、この写真のおば様たちのような感じ...とおぼえておいて下さいね。
byあやこ
[PR]
by holistic-care | 2005-07-16 01:26 | 雑記
<< St Marylebone h... いろいろな形での社会参加 >>