星座とハーブ

最近、日本でのキーワードは「スピリチュアル」だそうで・・・・。
「ホリスティック」同様、なんだか本来の意味と「流行」の意味、ちょっと違っているかもしれないですが・・まあ、それはソレとして。

今度、TOTNESで行うワークショップは五行(火・水・木・金・土)をテーマにしてさらにそれと精油を考えてから、それで石鹸を作ってみよう!というものです。
日本では昔から伝わり、現代も何らかの形で私たちの生活に溶け込んでいる「気」という考えや「五行」などは、イギリス人にとってはなんとも「ミステリアス」。
しかし最近は「灸」のクラスがあり、本来日本なら3年間行く鍼灸の学校なのですが、イギリスでは灸は1日、指圧は2日で翌日からクライアントを取るというツワモノもいます。(それをツワモノというか。怖いもの知らずというか・・・)

そんなこんなでいろんな調べモノをしてつつ、整理していたら出てきたこの写真はハーブセンター(イギリス)で見つけたときに撮ったものです。

テーマが「星座とハーブ」

d0040759_17482635.jpg


イギリスは、言うまでもなく「ガーデニング王国」
ハーブも、日本で世間で「流行」(これも)している「メディカルハーブ」といった仰々しいものよりも、ガーデニングの中で親しまれている植物の1つとして極めて自然に受け入れられています。

そういったガーデニングのデザインの1つの「お茶目な」ヒントとしてここに上がったのが「星座とハーブ」
決してこのハーブであなたを守護します。というものではないです・・・残念ながら。

例:水がめ座は エルダーフラワーとマレイン
エルダーフラワーもマレインも、夏場の花ですが。

星座とハーブ・・・となると、私はまだちょっと知らないのでコメントができないです(すみません)。

身近にいろいろな植物を自然に楽しむ工夫の1つとしては面白いかなと思います。
日の長い夏に、たとえ小さくても、手入れされている庭でくつろぐ人が多いこの国では
やはり いかに植物を楽しむか、というのはテーマの1つです。
成分や講釈による効果云々よりも、やはり「楽しむ」こと、これが一番大事で、かつ「効果」があることではないでしょうか・・?byゆきえ
[PR]
by holistic-care | 2006-01-17 17:58 | ホリスティックケア
<< 米国の医療訴訟文化の泥沼 安心感 >>