MRSA予防ローション

MRSAが大きな問題になっているのはイギリスも同じです。

さてさてこのたび売り出されたのがMRSAが予防できるというローション。
作った人は私が住んでる町の人。
元々は奥様の皮膚病を治そうとして自宅の車庫であれこれと混ぜていたそうですが
思いのほか効果があがり、みるみるうちに製品化。
あとは治験さえクリアすればNHS(イギリスの国民健康管理機関。言ってみれば日本の厚生省の一部のような感じ)でも採用か?というレベルにまでなっています。

一度塗ればさっと浸透し、その後手を洗っても4時間は効果継続というもの。
無香料です。

今ではこの販売サイトにいくらアクセスしてもその原材料を全く明かしていませんが、こんなに有名になる前、すなわち地元で噂になっていたころに、地元の新聞では材料が載ってたのを覚えています。(こんなに効果があり有名になるとは思わなかったのでスクラップしてない。残念!!)たしかティーツリー(お決まりですね・・・)やイブニングプリムローズ(これも乾燥肌には欠かせない)など基本的なものばかり。

所詮、車庫で作っていたものなので、素人が入手できる材料だったはずなのですから、ややこしい化学薬品は入ってないはず。

今やこの乳液1本で4000円近くもしますので、ちょっと一般家庭では気安くすぐには買えないですけど、大量生産になって落ち着いたら値段が下がって買いやすくなるかもしれません。

しかし、私としてはここで
「だから ほら、ティーツリーで殺菌できてアロマってステキ♪」などと言う気はサラサラありません。
この乳液の効果効能は別としても、ティーツリー云々以前に、やはり基本的な施設内、または介護・看護者の衛生管理意識が大事だと思います。
結構、髪の毛も束ねずに長い髪のままで介護したりする人、います。
アロマセラピーでも、日本の某HPや某雑誌で「メディカル」をうたったセラピストさんが
美しい髪を長いまま、だらーんとたらしてマッサージをしている写真が掲載されているのを見たのは1度や2度ではありません。
(衛生だけではなく、施術もしにくいと思いますけどね・・・・)

手の洗い方の基本の徹底などは「何をいまさら」かもしれないけど、でもやはりきちんと徹底する必要もあるし、いろいろな器具、またはトイレやお風呂などの衛生管理の徹底というのが口で言うのは簡単でも実際には「なあなあ」になっている面が多いようにも思います。(@イギリスの場合・・・ですが、日本はどうでしょうか)

さて、この乳液を「発明」したおじさんは、今度は日焼け止め乳液も作るそうです。
そして街中では早速、この乳液のニセモノが出回っています。
おそるべし!
by ゆきえ
d0040759_6411149.jpg

[PR]
by holistic-care | 2005-06-17 06:42 | ホリスティックケア
<< ハーブセミナーに参加しました。 ロンドン オールド オペレーシ... >>