Japanese Holistic Nursing Association

Japanese Holistic Nursing Association(JHNA)が立ち上がります。
和訳すると、日本ホリスティック看護協会。

会長は、群馬大学医学部保健学科教授 小板橋喜久代先生。
そして、第1回日本ホリスティックナーシング研究会が
大阪で7月に開催されます。

いよいよですね。

ホリスティックケアが、
どう日本の看護の中で位置づけられ実践されていくのでしょうか。
慎重に確実に進める時期です。
今、同時期にいる私たち一人一人が考え作り上げていく時です。

小板橋氏は、日本で初めてリラクゼーション外来を看護で立ち上げた方。
池川氏は、看護哲学の第一人者。
そして、ジカン氏は、実践者でありCAMの研究者。
哲学的なバックグラウンドをきちんともち、
学術的にも実践分野でも進めていこうとする姿勢が、
こういうところからも見て取れます。

またおそらく、この第1回に集まる人たちは、
今後の日本のホリスティックナーシングに
深く関わっていかれる方々だと思われます。
どんな方たちが集まるか、それも興味津津です。

特に参加者の資格は限定されていないようで、
学生さんでもOKということです。

チラシもワード文書でありますから、希望される方はお知らせください。

:*~*:._.:*~*:._.:*~*:._.:*~*:._.:*~*:._.:*~*:._.:*~*:._.:*~*

第1回日本ホリスティックナーシング研究会
テーマ:「ホリスティックナーシングとは」

ホリスティックナーシングとは,身体(body)だけでなく
心(mind)と魂(spirit)をも包括し、社会や自然環境との
調和の中で生きている全体的(ホリスティックな)存在として
ケアする看護です。

その特徴として,科学的視点をもちつ「癒しの技」を
看護ケアの中に取り入れ,従来の看護技術だけでなく
補完・代替医療(complementary and alternative medicine: CAM)として
分類されているさまざまなアプローチを用いています。

また、看護師の存在自体がケアにおいて果たす役割を
重視しており、看護師自身がまず癒された健康状態を
保つこともホリスティックナーシングにおいては
看護技術として重要となります。

米国看護協会(American Nurses Association: ANA)に
おいても看護専門領域の1つとしてホリスティック
ナーシングが認可されており,アロマセラピー,
セラピューティックタッチ,リフレクソロジーなどの
習得が看護師の資格更新に必要な生涯教育単位として
認められています。

第1回研究会では
「日本におけるホリスティックナーシングの在り方」について、
皆さんと一緒に考えていきたいと思います。
たくさんのご参加お待ちしております

日 時: 2009年7月19日(日) 9:00-16:30
会 場: 関西医科大学附属滝井病院 南館2F臨床講堂
参加費:2000円

<プログラム>

9:00~9:05
開会の挨拶 : 小板橋喜久代 (群馬大学医学部保健学科教授)

9:05~10:05 :講演① 小板橋喜久代
           「ホリスティックケア(ナーシング)」
              
10:05~11:05 :講演② 竹林直紀(アイ・プロジェクト統合医療研究所所長)
           「統合医療の医療哲学」

11:05~12:05 :講演③ 相原由花(ホリスティックケアジャパン代表)
           「臨床アロマセラピーの実践」

12:05~13:00    昼休み

13:00~14:00: ヒーリング体験 
        アドラー・コリンズ・慈観(福岡県立大学附属研究所准教授)

14:00~14:15    休憩

14:15~15:45 シンポジウム

       座長: 小板橋喜久代、 竹林直紀
     
       ・池川清子(甲南女子大学看護リハビリテーション学部看護学科教授)
       ・中井吉英 (関西医科大学名誉教授、日本心療内科学会理事長)
       ・アドラー・コリンズ・慈観
       ・相原由花

15;45~16:30  ディスカッション

16:30      閉会の挨拶 : 竹林直紀

※プログラム・講師・タイトルは、事前の予告なく
 変更になる場合があります。何卒ご了承ください。

d0040759_1939485.jpg


by yoshi
[PR]
by holistic-care | 2009-06-11 19:41 | お知らせ
<< お茶の効用 あけましておめでとうございます >>